洗濯済み商品も30日間交換可能!1万円以上のご購入で全国送料無料
メンズファッションプラス通信

マーチンとショート丈ミリジャケでつくる冬のきれいめワーク系ファッション

view3,797

ワーク系にはワークブーツを

ワーク系にはワークブーツを

ワーク系スタイルの足元は、やはりワークブーツが最適です。メンズファッションでワークブーツといえば、ドクターマーチンではないでしょうか。カラーバリエーションもたくさんあり、選択肢の幅が広く人気です。

ワークブーツといえば、ドクターマーチン

ドクターマーチンはドイツの医師が作ったのが起源。靴底を一周する黄色の縫い目が特徴です。イギリスでは労働者に愛用されていましたが、1970年代からはパンクロッカーが愛用し始めファッションに取り入れられるようになりました。現在はミュージシャンはもちろん、さまざまな人たちに愛用されています。

この冬は断然きれいめワークスタイル

ワーク色が強いアイテムには、ミリタリージャケットもあります。マーチンのワークブーツと合わせれば、簡単に鉄板のミリタリーコーデが出来上がるでしょう。しかしそのままでは、無骨っぽさだけが目立ってしまうことがほとんど。本物の軍人や労働者に見えてしまいます。
この冬のワーク系スタイルは、きれいめがオシャレです。きれいめにしたいなら、ジャケットはショート丈にしてすっきりとした着こなしをしましょう。タイトめで体にフィットするものなら、スタイリッシュなワーク系が出来上がります。

 

女性ウケも期待できます

きれいめワーク系ファションは野暮ったさがなく、男っぽさと上品さを兼ね備えています。女性が好む男性の条件にぴったりと当てはまりますので、女性ウケもよさそうですよ。

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

モテ服に関する最新情報をお届けします


カテゴリ

メンズファッション着こなし講座カテゴリの人気記事


アーカイブ

≫もっと見る