洗濯済み商品も30日間交換可能!1万円以上のご購入で全国送料無料
メンズファッションプラス通信

【秋のメンズファッションコーデ術】高校生・大学生向け!アウターに気合の入った大人っぽい服装で出かけよう!

view5,751

こんにちは、TOKYO娘です♪
暑かった夏の勢いもどこへやら。秋がゆっくり深まってきて、日中も涼しくなりましたね。過ごしやすいこの季節こそ、ファッションに気合いを入れてお出かけしてみませんか?今回は、高校生・大学生向けに秋~冬まで使えるアウターを使ったコーディネートについてお話します♪

1.高校生・大学生向けの大人っぽいアウターの鉄則とは?

秋のコーディネートで一番重要なのはアウターの選び方。「どうせ屋内に入ったら脱ぐし・・・」「ただの雨除けだし・・・」と、無難で当たり障りのない、いつも同じアウターばっかり着ていませんか?

一番外に着るのだから一番目立つはずなのに、そのアウターを後回しにするなんてもったいない!秋のコーディネートはぜひアウターからコーディネートを組み立てていくことを大事にしてほしいと思います。

①無地のアウターで大人感アップ!

大人っぽいアウターとしてまず取り入れてほしいのが「無地」のアイテム。パーカーやプルパーカーって、意外と柄や文字の入ったものが多いですよね。何気なく着ている方も多いかもしれませんが、文字や柄のプリントって意外とインパクトが強く主張するので、カジュアルになりがちで大人っぽいコーデには不向きなんです。

ロゴとかのサインのワンポイント付きのものは、アクセントとして上手に取り入れればカジュアルコーデとしてはアリですが、チェーンとか過度の装飾がなされたド派手アイテムはこれを機にぜひ買い替えて、無地の大人っぽいアイテムに挑戦してみてください。

たとえばこちらのアイテム、至ってシンプルなグレーのパーカー。秋口のライトアウターとして、持ってないなら今すぐゲットして欲しいアイテムです。

商品ページ

「あれっ地味じゃね?」と思う方もいるかもしれませんが、コーディネートを組み立てるという前提ではアウターはシンプルなものがベスト。アウター単体で100点を取りに行くというよりは、コーディネートの各アイテムを足し算していって80点くらいを目指すイメージで行きましょう。グレーのパーカーは黒のように強すぎず白のように淡すぎないので、いろいろな色味のアイテムに合わせやすく、着回しが効くのもうれしいですね♪冬になったら、コートの中に重ね着もできるのでこれからの季節に長く使えて重宝しますよ。

次に紹介するこちらはホワイトのプルパーカー。

商品ページ

丈の長いインナーを重ねたレイヤードコーデが今なお根強い人気を博しています。タンクトップから長袖のカットソー、シャツまで、いろいろなアイテムと重ね着ができ、コーデに幅が出るので一枚は持っておきたいアイテム。その際、パーカーがモコモコしないようにインナーは薄手のアイテムにしましょう。さわやかなホワイトなので、黒やカーキなどのボトムスとよく合いますよ。ダークカラーのアウターのインナーとしても重宝します。

商品ページ

こちらはブラックのカーディガン。テレコ生地という、伸縮性のある薄手のニット生地を使用しています。ショールをかけたような、刻みのない帯状の襟(ショールカラー)になっていて、マニッシュで大人っぽい雰囲気に仕上がっています。丸襟やVネックよりも首元がしっかり覆われるので暖かく、防寒の面でも優秀です。コーディネートを引き締めてくれるブラックカラーなので、合わせるインナーは秋らしいボルドーやカーキ、ネイビーなど、色味のあるアイテムにするのがオススメです。

②流行りのビッグシルエットを取り入れてみよう

トレンド感の強いビッグシルエットのアウター。こちらも大人っぽいアウターコーデにぜひ取り入れてほしいアイテムです。

ビッグシルエットのアイテムをコーディネートする時のポイントは、全体のバランスにメリハリを付けること。トップスとボトムス両方をゆったりしたアイテムでコーディネートしてしまうと、全体がダボついてだらしない印象になってしまいます。ボトムスはスキニーパンツやアンクルパンツなどのタイトなものを合わせましょう。

まずはこちらのグレーのプルパーカー。

商品ページ

一見シンプルなプルパーカーですが、ワンポイントとしてサイドジップが施されています。サイドジップを開けて着ると、重ね着したインナーが脇から覗き、コーデのアクセントになります。インナーにあえて、色味のあるアイテムや柄物をとりいれるのもオススメ。無地のシンプルなアイテムながら、モード感の強い一枚になっています。ボトムスとシューズはボリュームの小さいスリムなものでコンパクトにまとめ、パーカーを活かしたコーディネートを作るのがオススメです。

次のパーカーも、コーデのメインアイテムになれる主役級アイテム。

商品ページ

ネック部分にジッパーのついた、ブラックのジップアップパーカーです。一見すると、ネック部分に重さをもたせた作りのパーカーですが、ジッパーを開くと折りたたまれていたフードが出てきて、被れるように変身します。上のプルパーカーに比べると、色味の影響もあってやや武骨でハードめの雰囲気のアイテムになっています。スキニーパンツはもちろん、デニムと合わせるのもオススメのコーディネートです。シューズはスニーカーや、ブーツなどもよく合います。

意外とコーデに合わせやすく、持っていると重宝するのがこのロング丈のコーディガン。

商品ページ

コーディガンとはカーディガン+コートの造語で、2つのいいとこ取りをしたようなライトアウターのこと。色はシンプルなブラックですが、ジャガード織りという模様を編み込んだ生地を使用していて、大人っぽいニュアンスのあるアイテムです。丈の長いコーディガンは縦ラインを強調し、太もものラインをボカしてくれるのでぽっちゃりさんにもオススメ。ボトムスにスキニーパンツや濃色系デニムを合わせて、キレイめコーデに仕上げましょう。

③かっちりしすぎはNG!

大人っぽいアウターコーデで注意してほしいのが、フォーマルに傾倒してかっちりしすぎること。堅苦しい感じになってしまわないよう、シンプルできれいめ、でも少しカジュアル。そんなラインでコーディネートを組み立てるのがおすすめです。

そこでまずこちらのMA-1をご紹介します。

商品ページ

シンプルなカーキのMA-1です。数年前にトレンドとして再燃し、秋冬の定番アイテムにまで上り詰めたといっても過言ではないMA-1。まだ持ってないという方はぜひ一枚取り入れて欲しいアイテムになっています。というのも、MA-1はシンプルなモノトーンコーデのアクセントとしてコーデに非常に取り入れやすく、更には体型を選ばず着こなすことができる超優秀アウターなんです。トップスをホワイト、ボトムスをブラックでコンパクトにまとめるのがベーシックなスタイルですが、今では色々な人たちが色々な着こなしでMA-1を取り入れているので、参考にしてみるのも面白いですよ。

こちらのMA-1は変わり種。

商品ページ

ブラックのジャージ生地で作られた、やや薄手のMA-1です。通常のMA-1にはない、独特のストンとしたシルエットとツルリとした生地感が特徴的です。もともとカジュアル感の強いMA-1ですが、ジャージ生地で更にカジュアルさが強調されたアイテムに仕上がっています。あえてインナーにアンクルパンツや紐靴などを合わせ、きれいめにまとめることで、カジュアルになりすぎない絶妙なバランスのコーディネートを作るのがオススメです。

3つめは春秋のライトアウターとして重宝するデニムジャケットです。

商品ページ

重ね着風のフェイクフードが付いたデニムジャケットです。こちらもインナーをきれいめのアイテムでまとめることで、カジュアルになりすぎない大人っぽいコーディネートを作ることができます。ボトムスをモノトーンにするときれいめの大人っぽい印象に、カーキやカモフラ柄のカツラギパンツを合わせるとよりカジュアルさが強調されたコーディネートになりますよ。

2.アウターにこだわったおすすめコーデ5選

さて、ここまで大人っぽい秋のアウターコーデに役立つアウターをいくつかご紹介しました。ここからは、上でご紹介したアイテムを使ったコーディネートのオススメを5つピックアップしたので、順にご紹介します♪

MA-1×プルパーカー×スリムパンツ

商品ページ

白のプルパーカーとMA-1のコーディネートです。カーキのMA-1と白のプルパーカーの相性は抜群。コンパクトなシルエットのボトムスに、きれいめのシューズを合わせることでカジュアルになりすぎないキレイめMA-1コーデが完成します

プルパーカー×ロング半袖Tシャツ×デニムパンツ

商品ページ

サイドジップが目を引くグレーのプルパーカーのコーディネートです。インナーに合わせた白のロング丈Tシャツは、パーカーのサイドジップの開き加減で見せ方を調節できます。気分でインナーを変えて、色々なコーディネートに挑戦してみて。トップスにボリュームがあるので、ここではボトムスにスリムなデニムを使いコンパクトにまとめています。

パーカー×Vネック長袖Tシャツ×ストレッチデニムパンツ

商品ページ

こちらは、先ほどのブラックのジップアップパーカーのコーデ例です。パーカーをメインに置いて、シンプルな白のカットソーとデニムを合わせて組み立てたコーディネート。ブラウンのブーツがワイルドな雰囲気を演出しています

コーディガン×長袖Tシャツ×デニムパンツ

商品ページ

ブラックのコーディガンを使ったコーディネートです。インナーに秋らしいワインカラーのカットソーを取り入れて、差し色にしています。ボトムスはここではシンプルなブルーデニムを合わせましたが、カツラギパンツなどもよく合います。ブラックのブーツで足元を引き締めました。

MA-1×Tシャツ×スキニーパンツ

商品ページ

最後にご紹介するのは、ジャージ生地のブラックのMA-1を使ったコーディネートです。ここではシンプルな白のVネックのカットソーと、カモフラ柄のスリムパンツを合わせてトレンド感の強いコーディネートに仕上げています。スリムなサイズ感のキャンバススニーカーで足元は軽やかに。秋のお出かけに最適なコーディネートです。

この秋は、大人っぽいアウターを使ったコーディネートでいつもと違う秋の装いに挑戦してみてくださいね。

秋服コーディネートに関する関連記事はこちら

↓秋服の着こなし術に関する情報はこちらの記事をご覧ください!
【大学生から30代まで使える】2017年版!秋服のメンズファッションコーディネート術

2017年・初秋のハンパ丈ファッションで女子ウケを狙えるコーデまとめ

【2017年・秋服】デートウケ抜群!秋に履くべき “メンズパンツ” を女性100人に聞きました!【女子の本音アンケート企画】

秋に重宝する薄めのアウター – 本当にモテるコーデまとめ【女子の本音アンケート企画】

【女の子が選んだ本当にモテる全身コーディネート】春服・秋服用マネキン買い

Pocket

LINEでお得なモテ服情報をGET!

お得なモテ服のプレゼント情報を月1ペースでお届けします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

モテ服に関する最新情報をお届けします


カテゴリ

メンズファッション雑誌カテゴリの人気記事

≫もっと見る